キャリアデザイン・ワークショップⅠ
新井 一央、北山 聡、小山 健太 
単位: 2 開講期: 1期 開講年度: 2018
閉じる
【授業表題】
キャリアを考えることをはじめよう
【授業の形態・方法・内容】
キャリアデザインプログラムでは、少人数での参加型授業のワークショップが学びの中心となる。参加型授業では、学生個人が主体的に授業に参加することが求められる。このために自ら学ぶ方法そのものを学び、身につけることが重要となる。
【到達目標及びディプロマポリシーとの関連】
この科目は全学DP3に関連し、「現代社会における諸問題」を「発見・分析・解決する実践的な知識・能力」を身に付ける。
1.自らのキャリアを主体的な問題としてとらえて、大学での学びを通じた能力開発に積極的な態度を身につける
2.2年次に進学する学部を決めるために、自己の関心を深めるとともに、キャリアプランを作成する
【事前・事後学習】
発表やレポート作成に必要な資料の収集や分析、グループワークの準備や、授業の振り返りなどを行うこと。またキャリアプランの作成など授業時間以外にも作業が求められる。また面談を通じてフィードバックを行う。おおむね授業時間と同程度の事前事後学習が必要となる。
【授業計画】
第1回 キャリアデザインプログラム説明
第2回 アイスブレーク・自己紹介
第3回 ライフキャリアにおける大学 ~何を学ぶべきか~1
第4回 ライフキャリアにおける大学 ~何を学ぶべきか~2
第5回 ライフキャリアにおける大学 ~何を学ぶべきか~3
第6回 キャリアと適性について:ゲスト講師
第7回 各学部紹介 (経済・経営)
第8回 各学部紹介 (コミ・現法)
第9回 キャリアプランシートの書き方の説明
第10回 キャリアプランシート作成1と個人面談
第11回 キャリアプランシート作成2と個人面談
第12回 キャリアプランシート作成3と個人面談
第13回 キャリアプランのプレゼンテーション1
第14回 キャリアプランのプレゼンテーション2
第15回 全体のふりかえり
【評価方法】
出席を前提として、授業への参加態度、提出物・プレゼンテーションの内容などで総合的に評価する。
【教科書】
なし
【参考文献】
なし
【特記事項】
授業のうち、4回程度をキャリアデザインプログラムの1年全員の合同クラスで実施する。また夏休み期間中に一日職業体験プログラムであるジョブシャドウイングを希望者から選考して実施する。この参加のための準備を本講義で実施する。

開講期 曜日時限 ペア 教員名
1期 水1 北山 聡
1期 水1 新井 一央
1期 水1 小山 健太